2007年11月12日

11月10日(土)練習

今日も相変わらずの遅刻…すみません。
子供に手が掛からなくなったらもう少し早く出られる様になるであります!!

雨なので高架下での練習でした。
本日は先生とマンツーマンです!!!やったね〜

メニューは(確か)基本功〜五行掌でのミット打ち〜ちょっと套路と雑談です。
二日置くと自分の中の課題以外が記憶のもやに包まれますね…困ったもんです。

特に今回は伸肩法での肩部分の伸ばし方や、
パイの打ち方で色々細かい指導を受けました。
伸肩法はちぐはぐになりやすいですが理解は出来るのですが…
パイが特に苦手なものでどうにもこうにも旨く行きません。
パイは弓なりの力(語弊があったらご勘弁)を真っ直ぐに打つ感覚なのですが、
意識しすぎると弓なりのまま打って下への力になってしまったり、
真っ直ぐに打とうと意識が強くなると張り手になってしまったり…
それさえも出来ずに掌の指先と掌までが均一に当たらない始末です。

先生のパイは正直どうに打っているのか分からない位の威力があります。
特に左!!当たったら…ブルブル。
先生は右利きなのですが、パイの左の威力(というか通貫力というか…)というか纏まる力が凄いです。

先生も私がパイが苦手なのと、超が付く不器用さを知っているので色々細かく教えて頂くのですが、
それが身にならなくて本当に申し訳ないです。
一つだけよーく理解出来たのは「打つ部分の力というよりは動作が纏まって一致した時の力が大きい」という事でした。

その次にザンの練習をしたのですが、まず普通に打つ練習。
これは得意なザンだけあってやりやすいです。
次は10センチの近距離から打つ練習。
そのまた次は5センチの近距離から打つ練習。
で、最後には当たった(突ききった)状態から打ち込む練習です。

以下は先生のお言葉
「突ききったところからの突きの練習は、腕の力以外の部分で突きに必要な動きや力を意識する練習でした。」

お陰で筋肉痛と、親指の付け根が何故かズル剥けになったという…???

その後雑談より張安福先生バージョンの猿猴出洞を教えて頂く。
覚えの悪い私にはすぐには覚えられないのだけど…何となく完了。
これって短いけど凄くイイ!!…何がって??…かっこよいのです(汗

格好も重要!!
自分で「これ格好悪いから嫌だなあ…」ってのじゃ仕様がないですもんね!!!

最後にブログのネタにまたもや「先生!!なにかやって下さい!!」と撮影を懇願。
本日は套路「通背剣」、別名「魚郎問津剣」というのかな?
これも超格好いいぜ!!
11月10日(土)練習

11月10日(土)練習



同じカテゴリー(武術について)の記事画像
前橋武術部
チャンバラ
1月28日(日)O師伯来県
武遊会合宿
7月29日(日)武遊会
今月は武遊会です
同じカテゴリー(武術について)の記事
 久しぶりの更新です (2014-03-24 17:24)
 前橋武術部 (2013-10-10 10:12)
 暑い!!!! (2013-08-22 12:52)
 鉄砂掌 (2013-07-16 09:57)
 チャンバラ (2013-07-08 13:09)
 訃報:馬賢達老師逝去 (2013-06-18 13:10)

この記事へのコメント
本当にいい稽古場所ですね。私も20年位前に夜中の神社で稽古してたの思い出します。
Posted by ジェット at 2007年11月14日 09:52
>>ジェットさん

そうですね!!本当に良い所です。
Posted by 琥珀 at 2007年11月14日 10:43
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
11月10日(土)練習
    コメント(2)