グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  

Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション at

2008年08月04日

8月3日(日)練習

とにかく暑かった浜川公園でした(T_T)

先週見学に来られたというGさん母子が本日正式入会との事。
平均年齢が最近下がっていますね(#^.^#)
Gさんのお母さんは以前、茨城の趙玉祥老師の生徒さんだったそうで、
群馬で中国武術を習える所を探していたとの事。
経験者だけあって、上手な部分、通背拳としては駄目な部分などもあり面白い。
息子さんは未経験者で、性格が素直な子の様で覚えた事をそのまま出来そうです。

今日は基本功をいつも通りにやって(揺身法・散網式などは多少、はしょって)
五行掌を重点的に行う。
今日は[才率]の右は良い感じ。
今日気付いたのだけど、俺左の[才率]の時手首が痛い…(縦横共に)
やり方が悪いのも有るだろうけど、手首が右より弱いのかも。
痛さに強いのであまり気にならなかったけど気を付けよう。

拍は相変わらずイマイチです。
当たり所が悪いのも分かるんですけどね…

ザンはまあまあです。
やっぱり背中を張るイメージが無くなって来た気がします。
それにより通背のザン的な発力で打てている感が良くなっている気がしました。
(気がするばかりなのであまりあてにならないのが玉に瑕)









その後初心者は補手〜[才率]の対練。
Gお母さんは架手がどうしても外から内へになってしまうみたいです。
架手って自分もそうでしたが、他流派からすると難しいですよね。

俺とSさんは三合炮。
まず軽めに左右20回づつ位行う。
俺も人の事を言えるほど旨くはないが、Sさんのザンの打ち方が気になった。
裏拳の様な感じで伸びがない。(故にこちらも受けづらい)
その後はちょっと緩急付けたりスピードアップしたりの左右50回を2セット。
(感想は自分への教訓にもなっておりますです<(_ _)>)

初心者組と合流して補手〜[才率]。
Gお母さんは流石にお上手でした。
息子さんも反射神経が良くて有望な感じ。
いつもニコニコしていて親御さんとの関係が良いのが想像出来ます。

初心者だからといって手加減するのもなんですので、
最近はあまり[手加減してますよ〜]的な事はしないようにしています。
当てる時は当てる方が親切かな?とか無理矢理受けられると形が崩れるかな?とか、
様子を見ながらの練習です。

休憩中に熊谷交流会での感想などを。
先生はやはり実際見たことのないシラットに興味津々のご様子でした。

続いて先生の計らいで、私は胸をお借りする事に。
[よーし!!ガンガン攻めるぜ〜]と思ったのもつかの間。
結構な勢いで叩かれ、良い感じにやられました(T_T)
自分も昔に比べれば上達しているはずなんだですけどね〜
先生も上達してるんですよね…
なんと言ってもカウンターが猛烈に的確・正確なのです!!
相手をよく見ている証拠ですね。
特に弟子の俺の癖やヒットポイントは良くお分かりなのでしょう。








この数年の観察で先生へのヒットポイントを一点だけ掴んでいるのですが、
これは先生が手加減してくれている時だけ現れるので、
手加減なしの場合このヒットポイントは無くなるのが問題ですね(^_^;)
(逆に言うとわざと隙を作ってくれているって事になりますよね〜)

最後に先生が子午棍をGさん親子に披露して終了。





蒸し焼きの様な暑さに気付くと周りの人が居なくなり…
日陰に皆避難していた様です(^_^;)
  

Posted by 琥珀 at 14:13Comments(0)